« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

粘り気のある

うちの近所の桜並木に提灯がたくさん掛けられ赤い灯りに照らされた神社の鳥居が怖い。バスを降りて帰り道なので通らなきゃならないがちょっと近づきたくない。昨日はタケと大曽根を散歩してその後飲みに行く。昼間は暖かいから散歩が気持良い。帰りも歩こうかと思ったけど靴ずれが痛いのでやめといた。夜は寒いし。帰宅して、HDDがパンパンなのでついに貯めておいた仮面ライダーオーズを見てしまった。最終回まで一気に見るのが楽しみだったのに。今回のライダーはだいぶイラつく。ちょいちょいある笑いの小ネタは要らないんじゃないのか。あとバースの役の人はサッカーの長友じゃないのか。違うか。「タカ、トラ、バッタ」にもおいしいところをあげて欲しい。弱すぎじゃん。まるでノーマルスーツの扱いだ。Wの時もジョーカーとサイクロンがそんなんだったけど、彼らにも特技はあるだろうに。あとネズールの女の子が好きだったのに倒された。もう出てこないのかよ…etc。とにかく俺に書かせて欲しい。うむ、仮面ライダーの脚本書いてたら凄いな、隆之介は見てんのかな。そんなこんなですっごい変な時間にカップらーめん食べちゃった。胃もたれがひどい。

| | コメント (0)

2011年3月28日 (月)

ぬたんぬたんみたいな

ハウツー本の棚が「幸せになるための~」とか「お金持ちに~」とかに目が行ってしまう自分が悲しすぎるので、これからはエッセイにする。宮沢章夫さんのは何冊も読んでいるので、知っているところで松尾スズキさんとか中島らもさんの本を読むことにした。でも読まなきゃよかった。言葉がいちいち面白すぎて意気消沈するばかりだ。

この前はオイスターズの会議をハクガにて。一年の計画をざっと眺める。6月に「ドレミの歌」再演、7月に新作「雑音」を七ツ寺、9月に同じ作品を東京・アゴラ劇場、11月にまた新作を芸文小ホール。一年の後半がやばそうだ。他にも予定があるので今暇なうちになんとかしないと。なんにしろ早く構想を固めないといけない事はわかっている。なので書き始めてはいるのだが、今月中に仕上げる段取りだったけどそれは無理みたい。ところでオイスターズには女性が四人居るが、中でも山田マキオは女の勘が退化してしまったようだ。幸せな家庭を持っていると女の勘は必要ないらしい。その時「男の勘」って言うタイトルが浮かんだけど言わなかった。なんか気持ち悪いから。それとは全然関係ないけど、「ノブナガ」から篠田麻里子が居なくなってかなりのショックを受けている。その上この前深夜に「純喫茶磯辺」と「ドロップ」がやっていたので何気に観ていたらどちらも面白いので、数秒ごとに頻繁にチャンネルを替えて観るというパラレル鑑賞を試みたところなんとか気持ち的には満足した。ウソ。する訳ない。結局どっちも観てないのと同じだった。じゃあ一本をちゃんと観てもう一本はDVD借りてこりゃあ良かったと後悔。時間が倍無駄。

んでDVD借りに行ったんだけど、借りてきたのは何故か「アウトレイジ」。面白かったからもうどうでもよくなってしまった。たけしの映画は初めから悲しい。観るのが辛い。でも観ないといけない。それがまた辛い。スエヒロさんの芝居の時にもそんな事思う。幕開きから嫌な予感ばかりが漂っている。辛くて悲しいけど観なきゃいけない気分にさせられる。凄い事だと思う。俺の場合は幕開きから可笑しな空気が漂っている。でも観なきゃいけない気分かどうかは微妙。どうでもいい事を扱っているだけに、どうでもええわ!と途中で思われたらおしまいだ。今年は一切笑いの無い芝居を書こう。笑いがないは違うか。容易に笑われない為の雰囲気。11月はそうする。7月のはもう書き始めちゃったのでダメだけど。

| | コメント (0)

2011年3月23日 (水)

にゅるにゅるとか

日曜日は俳優館の打ち上げに遅れて参加した。年明けから禁酒していたのだけど、もう反省も終わりでいいでしょう、という事にして飲む。それでもほどほどに。飲むとすぐ回る。二次会では共演したけど名前も知らなかった役者・灯り職人の了吉君と話が出来た。そして12時を過ぎるとみんなどんどん帰っていき、気付いたら俳優館の稽古場に独りで寝ていた。帰りは土砂降りの雨だった。

そんな具合に、お前は大学生かと言われても仕方ないくらいどうしようもない生活をしているのだが、こういう時こそ本当は勉強しなければいけないはずだ。大学時代は全く勉強しなかったので今くらい勉強したらどうなんだ。それは絶対にやるべき!という事はことごとくやらない、というのが僕の書く本の登場人物達なのだが、書いてる本人はそんな事ではいけない。「ああ、ご本人は真面目な方なんですね」と言われたいのだ。いつまでもハウツー本を読んでいる場合でもなかろう。ちなみに「集中力の~」は読み終わって、今は「話し方が上手くなる~」みたいなタイトルの本を読んでいる。

| | コメント (0)

2011年3月20日 (日)

なんとなく

土日は相変わらず忙しいのだった。仕事の合間に古本屋で購入した本を読んでいるのであるが、ハウツー本である。読書に慣れてないうちはこういうのから入った方がよかろうと思った次第で、集中力を身につける方法〜みたいなタイトルの本である。それによるとまず机の周りを掃除すべしと書いてあったので、そんなことはたいていそんなもんだろうと思いながらも、よし、ほんじゃ書いてある通りにやってやろうじゃないかと本を読む前に机の周りを片付け始めたのである。予想はしていたのであるが、片付けなんか始めたら机の周りだけでおさまる訳もなく、洗濯なんかも始めてしまって模様替えだの集中しやすい部屋のレイアウトを考えていたらあっという間に日は落ちたので疲れて途中でやめてしまった。明日続きをやろう。集中力を身につける方法〜によると、午前中が集中力が高まっているそうなので早起きしてやろう。そうだ!これからは自分、規則正しく生きて行くっす!口に出して言ってみたことによりケラケラ笑って寝たのだが起きたら昼過ぎだった。そういう訳で仕事の合間に本を読む始末になり、部屋は片付けの途中で放置され、前よりひどい状態になっている。集中力とは随分離れた場所になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

とまった蝶が

ほとんど無職に近くなってしまった。生活費も底を尽きかけているので引越しどころではなく、平日の昼間なんかは極力何もしないで息をひそめているのだけれど、それではせっかく生まれてきた意味が無いように思われてしかたないので、本を読もうと言う事になった。僕は37歳にもなって知らない事が多すぎるのだ。本を書くにも自分の知識や考えなどとうに枯渇している。この「とう」にしたって漢字がわからない。調べてみると「疾う」と書くらしい。じゃあこの漢字はなんだ?「かゆい」のか?変換すると、「痒い」となって全く違うじゃないか。とこのように文章ひとつ書くにしても遅々として進まない。そういう訳で古本屋までやってきた。一冊百円のコーナーを回る。ガストでランチを食べた事にしておけば一日で7冊は買える計算になる。が、腹は減るのである。

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

手に

月曜日、ヒューマンの卒業式。三年間で初めて出席した。普段着じゃダメだと怒られたので頑張ってフォーマルに。似合ってないのは俺が一番よくわかっとる。ジャージかスウェットしかきてないからね普段。夜は飲み会。全員と話が出来なかったのが残念。長かった公演が終わったみたいで久しぶりに物悲しい気分になった。なったけどカラオケで撃沈。またみんなに会いたい。それまで全員が元気で居ますように。

そして書く。こんな時だからこそ書く。今俺にやれることをやる。演劇が人を支える力があると信じて書き続けるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

作ります

そうだ、石川裕人さんが確か名取ではなかったか?映像で見る限り名取市は一面水だった…。なんだかゾクゾクしてオクトパスのホームページを見てみたら劇団員の安否情報が載っていた。けど座長の名前がない。昼、本書き、夕方から夜はプロダクションとヒューマン。その後うた座へ。大石さんが久しぶりに来た。歌がぐんと良くなる。そして夜、打ち合わせを終えてホームページをチェックしてみたら、ようやく無事が確認されたとのこと。良かった。

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

ちょっとだけ

仙台の方達大丈夫だろうか…。お世話になった皆さんの顔が浮かぶ。今もまだ余震があるらしいから不安でたまらないだろう。名古屋だってひとごとじゃない。いや日本中どこに居たってひとごとじゃない、相手は自然だ、いつどこで起こるかわからない。東海地震もいつ起きてもおかしくないと言われ続けて未だに起きてない。

金曜日、七ツ寺は天井抜けてないか心配したけど大丈夫だった。「あの小舟はもう出た」は良い作品だった。アフタートークはただの田辺作品のファンとしてそこに座っていた。田内康介はやはり良い役者だ。次の日はニットキャップシアター「ピラカタノート」こちらも面白かった。2日連続のアフタートークは、もう何を喋ったのか覚えていない。アフタートークで何を話そうか考えながら観るのはイヤなのでただ観劇に集中していたらあのざまだ、ただ面白い、しか出て来なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

楽しい話を

これは相当ダメな感じになっている。なんにもする気が起こらない。ずーっと映画を見るか漫画読むかしていない。今まで12時間ずっと漫画読んでた。しかも「鋼の錬金術師」。大丈夫か俺。読み終わってその勢いでまた別の読んじゃった。今度はもっとつまらんかった。もうひどい。なんなんだこの漫画。よおこんだけ単行本出せたな。ヘタクソ。映画化までしとるじゃないか、どうなっとんだ。俺の時間返せ、と文句を言っても読まなきゃいいんだけど読み始めちゃったら読み終わるまで読まないと気が済まないんだよなあ、もお…あー悔しい。そいでまだ連載中だった。もお!どおなっとんだ。でも何がどうつまらないかを考えるのも勉強だと思えば…ね、いやでも12時間はキツイわ。あれだな、ダメな作品は最初面白くても3巻くらいでたいていが面白くなくなるな。漫画に限って言うと途中から面白くなるって事はまずない。…これ全部自分に跳ね返して言ってます、漫画家じゃないけど物語考える者として。よし、明日から気持ちを入れ替える。休みは今日まで。うん!

今日は七ツ寺共同スタジオで「あの小船ならもう出た」作・演出/田辺剛を観てきます。久しぶりの田辺作品です。その後アフタートークに出ます。ちゃんとしゃべれますように。余計な事しゃべりませんように。この公演にはオイスターズのエースこと田内康介も出演しています。どんな芝居してるかめちゃくちゃ楽しみです。

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

そこに座って

「客は笑い過ぎだから、やってる方はそれを怒るくらいの…」みたいな事を柄本さんはおっしゃっていたけど、つまりそれは僕らの芝居が笑いを要求しているみたいな芝居に見えたって事なんだろうか。だいたいオイスターズの芝居は声に出して大笑いするようなタイプのお芝居じゃないしそんな風には作ってないはずなんだけど、そう見えたって事はこれから考えなきゃいけない。笑っていいんだかなんだかわかんなくするというか、もっとゆるゆるにするというか…うーん。笑っちゃいけない訳じゃないんだけど、確かに芝居観ていて何がそんなに面白いんだって思う事はよくあるし、早い段階で笑われるとこっちが面白いと思う感覚も冷めていってしまうので客席の空気を作るのも難しいところです。お客さんに笑うな、とも言えないし、そりゃあ楽しんで欲しいには違いないんだけど、僕個人的には「ぷぷぷ…」という笑いが一番好きだな。吹き出しちゃったってやつ。大笑いが起きると台詞聞こえなくなっちゃうし、それによって余計な間を空けなきゃいけなくなっちゃうので。実際この前の「お昼」なんか俺すげー笑い待ちしちゃったし、「続・トラックメロウ」の時も、笑いが起きてると役者が余計な事するんじゃないかと思って出番前に釘をさしたりもしたくらい。特に高瀬さんとか余計な事しそうだし、新美は顔芸に走りそうだったから。これはいつも心がけている事なんだけど、本も演出も、演じる側も観る側も、いつ割れるかわからない風船のようにしておきたい。パンパンに膨らんであとちょっとでも刺激を加えたら破裂する、そんな状態が一番イイ。だから柄本さんの発言にはちょっと意外だったし、自分たちのやっている事やりたい事を再確認もしたのです。感情は爆発させちゃいけないし、笑いは破裂させないように、かつ膨らませ続けないといけない、そんな事を寝ながら思った訳です。

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

せっかくなので

帰って来てからずっと寝てました。風邪みたいです。ようやく起きれるようになったんですが、まだ頭ぼーっとしてます。寝て起きると悔しさがこみ上げてきていけません。惜しかったなあ…あと一票が…、なんて言ったってしょうがないのでもうやめよ。金さんの確かに面白かったから。それにたくさん収穫があったし、初めての東京公演は楽しかった。2

次回は9月にアゴラです。この悔しさは9月に晴らします。いろいろ思ったことを記しておきたいんだけど、また頭痛くなってきちゃったんで寝ます。ようやく一年が終わったみたいな、そんな感じです。ありがとうございました。

Photo

| | コメント (0)

2011年3月 7日 (月)

すいません

初挑戦の演出家コンクールが終わりました。結果は残念でしたけど、深津さんや鐘下さんと話が出来て良かった。難しい事はよくわからないけど、頑張ろうと思います。東京は雪です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

幸せそうで

東京です。大変だとは思ってたけど、その何倍も大変でした。良くやれた。照明の今津、劇団員のみんな、わざわざ仕込みの為だけに来てくれた田内、お疲れ様でした。これが出来たんだからこの先多少の事はきっと大丈夫だ。そりゃあのんびりやりたいけど。肝心の芝居の方はなかなか望む感じにはなってないけど、今日は休演日なので昼からみっちり稽古したいと思います。アゴラ宿泊の男性陣は、朝からもそもそ起きだし、イメージトレーニングを兼ねて日本一でかいと言われている埼玉にあるイオンレイクタウンに繰り出した。デカイなんてもんじゃなかった、ワンダーシティの二倍はあったし、動く歩道なんかあった。街だった。これでイイ芝居になるのは間違いない。マキオさんも無理やりにでも連れて行けば良かった。女性陣はどこか知らない場所に宿泊なのでしかたないけど。

観に来てくれたヒューマンの卒業生に久しぶりに会えて良かったし、物凄く久しぶりの方にも会えてびっくりした。嬉しい。明日もバタバタだけど精一杯頑張って来ます。

昨夜、新美が寝れなくてうるさいのを鎮める為に、カバンにたまたま入っていた「SAW」をパソコンで見せたら俺まで寝れなくなった。ついでに見ていた中尾もハマって今晩は「SAW2」を見ることになっている。ちょっと気がかりなのは、俺のカバンには5まで入っているってこと。明日本番だと言うのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

散歩していて

今日から演出家コンクール、乗り打ちです。大変なことが多いでしょうけど楽しんでやってきたいと思います。オイスターズは各自劇場集合です。僕は青井の車で、照明の今津、役者の二瓶と小道具と共に只今静岡を走っております。皆はちゃんと来てくれるんでしょうか。もんのすごい良い天気です。

FBEF1D03-7B92-4A60-91F8-728F639ACDC7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

子犬を連れて

iPhoneにしてから迷惑メールが無かったのに最近届くようになってヤダ。俺のキレイなiPhoneが汚れていく感じがする。最近は稽古と部屋探しの日々。環境の変化と吸収を欲している。「ICHI」「罪とか罰とか」を見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »