« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年4月

2011年4月23日 (土)

ふーふーしているのかと思いきや

学校の授業が始まった。最初はいつも緊張する。しかも今期は新しい科目を受け持つ。準備した甲斐あって予定通り進んだ。そして風邪だ。季節の変わり目には決まって風邪をひくんだ。発熱で汗が止まらないけど体温計が無いので何度か分からない。食欲はあるのでなんとか大丈夫だと思うけど、焼けるような喉の痛みとじっとしているだけで額から流れる汗を拭いながら今から仕事で蒲郡。今日は夜、オイスターズの次回公演のチラシ撮影とうたざは大石さんが来るので通しをする予定。だけど両方休ませて貰おうかと今考えている。大石さん本番前でうつしちゃいけないし、結局どちらも俺が居なくても良さそうだからさ。

「張込み」野村芳太郎
「ハザード」園子温
「東京フィスト」塚本晋也
「蛇にピアス」蜷川幸雄
「運命じゃない人」内田けんじ
「ぐるりのこと。」橋口亮輔
「自殺サークル」園子温
「奇妙なサーカス」園子温

| | コメント (0)

2011年4月19日 (火)

陽に当てて

考える考える。観る、書く、考える、頭痛い、寝る。の日々。その間にヒューマンの夜間クラスの修了公演が終わった。岸田國士戯曲が面白い。それを面白いと思える20歳前後の子達。良い戯曲はいつまでも色褪せない。次回はまた応用クラスなので半年後。しばらくこの路線で行きたい。良い本にたくさん触れないと、俺も勉強。

「愛のむきだし」園子温
「歩いても歩いても」是枝裕和
」ボーリングフォーコロンバイン」マイケル・ムーア
「駅〜STATION〜」降旗康男
「深夜の告白」ビリー・ワイルダー
「失われた週末」ビリー・ワイルダー
「サンセット大通り」ビリー・ワイルダー
「第十七捕虜収容所」ビリー・ワイルダー
「気球クラブ、その後」園子温
「紀子の食卓」園子温
「サマーウォーズ」細田守
「それでもボクはやってない」周防正行
「ノーカントリー」コーエン兄弟
今週どえりゃー観た。全部DVDだけど。どれも面白い。もうなにみても面白いから腹立つ。俺が書けない時だからか、選び方がキネマ旬報ベストテンだからか。ビリー・ワイルダーと園子温にハマる週末。「ノーカントリー」と「愛のむきだし」はガツンと来たな〜。

| | コメント (0)

2011年4月10日 (日)

はじめ

お金がないと気持ちに余裕がなくなる。桜が咲いていてもキレイと思う気もなく、何を呑気に咲かしとんだと悪態をつく始末。働けど働けど我が暮らし楽にならないならもう働くのは止めだ、俺はこの世界で一生懸命頑張ってみた、だけど幸福に暮らすにはこの世界は難しすぎる。何かにつけ不幸がつきまとって来やがる。マイナスのドミノ倒しを途中で止めることなんか俺にはもう出来ない。神様って奴が居るならなんとかしてくれよ!居ないならこんな世の中で生きる意味ってなんだい!…というのが「セチュアンの善人」のお話です。面白くて参ってしまう。これで上演面白くなかったら演出がダメだ。なんとかしないと…。

メモ/
「ディアドクター」西川美和監督、上手い。
「のんちゃんのり弁」緒方明監督、のり弁も小西真奈未も好き。
「天国と地獄」黒澤明監督、現代の感覚だとイライラするけど、ラストは絶句。
「切腹」小林正樹監督、脚本が好き。それだけの事を良くぞ二時間観せてくれたな。
「太陽を盗んだ男」長谷川和彦監督、沢田研二と菅原文太。タイムリーなというか原発からプルトニウムを盗んで原爆作る男の話。
「六月の蛇」塚本晋也監督、さすが。
「野良犬」黒澤明監督、途中寝ちゃった…。
「仁義の墓場」深作欣二監督、もお渡哲也がすごい。それ以上に田中邦衛はヤバイ。あれは出ちゃいけない人だ。

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月)

海苔を

確かに洋画を観ていられない。字幕を追うのが面倒臭い新美の気持ちもわかる。おまけに顔がみんな同じに見えて誰が誰やらわからなくなる。名前も覚えられないし。なのでもっぱら邦画を観ている。どれも面白いのが悔しい。「おくりびと」も面白かったし、「ヴィヨンの妻」も良かった。どっちも広末涼子が出てる。「空気人形」も使い古された題材を丁寧に作るとあんなに素敵になるんだ。「剣岳」も凄い映像だし、「風が強く吹いている」もこういうの普段は絶対観ないんだけど観ると面白いからヤダ。「イングロリアスバスターズ」…は洋画だけど2時間半があっという間。「誰も守ってくれない」も良かったなあ、脚本がいいのかなあ。佐藤浩一かっこいい。佐藤浩一になりたい。志田未来が可愛い。なりたくはないけど。最近どの映画にもあの松田優作のあの、長男?あの、えっと、あー名前が…、とにかく良く出てる気がするなあ。凄いなあ。というかコラ、人のばかり観てないではよ書かなきゃいけないじゃないか俺。あ、はい。うた座はようやく全部のシーンをチェックした。通しがしたいとうずうず。ほんのちょっとだけ自分も出るのだった。そこは一度もやってない。ぶっつけか。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »